スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.02.13 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    現代は地域アートの時代であるとともに当事者の時代

    0

      いまは地域アートの時代である。
      全国各地で、自治体名を冠した芸術祭が毎月のように行われている。
      今年はその代表格である大地の芸術祭も開催される。
      現代美術の集客力や問題発見力が評価されたかたちだが、問題もある。
      地域アートは行政や住民の支援を受けて成立するものなので、表現にどうしても制約が出る。
      自然や食などの魅力を強調した優等生的な作品が並びがちだ。
      そんななか黒瀬の試みはきわだっている。
      彼は定期的 にいわきで美術展を開催していて、今回で3回目となる。
      しかし彼自身は福島出身ではないし、在住でもない。
      招かれたわけでもない。
      制作費も自分で調達している。
      つまりは、完全なよそものが勝手にやっている地域アートなのである。
      それゆえ当初は警戒され、住民との衝突もあったという。
      けれども今回の展示では、そんな彼のよそものならではの視点こそが、忘れられた郷土史を発掘し、150年前と現在をつなげることを可能にしている。
      廃仏毀釈は郷土史で好まれる話題ではないし、復興の失敗などと言われては住民もいい気分はしまい。
      もし本展が行政の支援を前提に構想されていたのなら、企画書の段階でいろいろ表現を変えられていたことだろう。
      けれども、結果として展示 ができてみれば、住民にも広く関心をもたれ、支持を得ている。
      大晦日のイベントは地方紙で報道もされた。
      企画の段階では不必要な挑発にしか見えないものも、表現が完成すればふっと腑に落ちる、芸術ではそういうことがありうるのだ。
      現代は地域アートの時代であるとともに当事者の時代。
      さて、内容が移ってこの年代になるとお通夜やお葬式の機会が増えてくるので、着ていて疲れにくいデザインのものがいいですね。
      こうした選び方のポイントを押さえて、今回はネット販売でリーズナブルに購入できるおすすめの喪服(レディース)を、年代別に厳選してご紹介いたします。
      最後まで、どうぞお付き合い下さい。
      喪服レディース


      スポンサーサイト

      0
        • 2018.02.13 Tuesday
        • -
        • 13:38
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           

        PR

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>

        archives

        profile

        search this site.

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM